2014年09月15日

「オーガストウォーズ」と「5デイズ」その2

さて映画のキャッチコピーは、オーガストウォーズ「その日世界は二つに分かれた。5デイズ「運命の5日間、彼らはそこでなにを見た。」で、カバー写真も、かたやロボット戦争風、かたやシリアスな感じでまったく異質な映画のよう。




しかし、オーガストウォーズはカバーに騙されてはいけません。確かに、ロボットはでてきますが、それは少年の妄想シーンのみで、南オセチア紛争でのロシア軍とグルジア軍のリアルな戦闘が描かれています。また、「オーガストウォーズ」は戦場に取り残された子供を救いに行く母が主人公で、「5デイズ」は戦場ジャーナリストが主人公と、民間人の視点から描いている点は、似てるところ。

二つの映画を見て感じたことは、同じ戦争を描いても、製作国が違えばまったく違う戦争になるということです。ロシア映画の「オーガストウォーズ」は、グルジア軍の先制攻撃(砲撃)により多数の民間人が殺されるシーンがあり、アメリカ映画の「5デイズ」は、ロシア軍がいきなりグルジアの街を空爆して民間人を殺し、さらに傭兵(民兵?)がグルジア人を虐殺するシーンがあります。

どちらも自分側が正義で、敵は悪という描かれ方。まるで、二次大戦前の日本やアメリカの国威掲揚映画のようです。まあ、今も昔も、一方から見ただけでは、真実は見えないということでしょうか。例えば、われわれから見れば、イスラムのテロリストは悪ですが、イスラム教徒から見れば欧米の方が悪なのでしょうか?お互いが、客観的に理性的に物事を見ることができれば、いつかは戦争もなくなるのでしょうか。

ともかく、どちらの映画も見て損はない映画です。ミリタリー好きにも満足が得られる、戦争映画だと思います。

「オーガストウォーズ」






ちなみに、戦車と歩兵が連携して戦うシーンなどは、なかなかわかってるって感じ。この映画見るとロシア軍装備(特にゴルカ着てる偵察隊、空挺部隊か?がかっこいい)でサバゲやりたくなってしまうかも^^、余談ですが、主人公はロシア美人でよいw あと、ロボットのシーンはいらない(´Д` )

「5デイズ」



元ソ連邦だけあり、グルジア軍も軍服を除いてソ連軍の戦車や火器を使ってる。圧倒的なロシア軍に対するグルジア軍の奮闘が見もの。なお「オーガストウォーズ」では、グルジア兵はM4系を使っていて、西側の援助を強調させているようだ。

ちなみに、2008年の南オセチア紛争は、あまり記憶に残ってないのだが、開戦とほぼ同時に北京オリンピックが始まり、マスコミの露出が少なかったのでしょう。どちらが先にしかけたのかはわかりませんが、わざとオリンピックに合わせたとしか思えません。


















同じカテゴリー(映画)の記事画像
「オーガストウォーズ」と「5デイズ」
ゴジラ2014
ローン・サバイバーを見て
ゼロ・ダーク・サーティ
SEAL Team Six: The Raid on Osama Bin Laden
ACT OF VALOR が見れないお~><
同じカテゴリー(映画)の記事
 「オーガストウォーズ」と「5デイズ」 (2014-09-15 01:53)
 ゴジラ2014 (2014-07-29 22:49)
 ローン・サバイバーを見て (2014-03-31 22:36)
 ゼロ・ダーク・サーティ (2013-02-21 22:31)
 SEAL Team Six: The Raid on Osama Bin Laden (2013-02-19 20:11)
 ACT OF VALOR が見れないお~>< (2012-06-17 00:34)

Posted by 少佐  at 13:00 │Comments(0)映画
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。