スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年06月29日

cool breeze

*お知らせ* 前記事で伍長が紹介したDVD 「シャドウ・カンパニー」ですが、EDAさんのHPでも購入できるようになりました。


さて27日は、GFBの臨時ゲームでした。ゴルゴが、半年間日本を離れるので、Mr.Jよりゴルゴのためにゲームをやろうと申し出がありました。
Mr.J ”Let's play game for Golgo"  少佐”Why not!"

ゴルゴのアーマーに cool breeze と書いてあったので、それは何?と聞くと、アメリカにいたころのニックネームだそうです。日本語だと「さわやかな風」 まさにイケメンゴルゴにぴったしw 

Mr.ACUがいなくなったので、今回は別の同僚を連れてきました。残念なことに、彼もすぐアメリカに帰るので、最初で最後のゲームになりました。



今回Mr.J がニコンの一眼レフを持ってきたので、その時撮った写真から一部を紹介します。カメラマンは杉丸だにょ~ん。

89式をクリコススタイルで構えるゴルゴ。迷彩服もちゃんと陸自です。


赤チーム


黄チーム


デザートイーグルが似合うMr.J

ライフルは95式



M14で戦うハンター君


N山は、透明人間?のようにシュマグをぐるぐる巻きですが、暑くないのか?


SOPMODのストックが取れた?ためなのか、MP5で参戦するアツシ君


カッパではないです。デッドマーカーをつけたステアー君


伍長の頭


頭だけだとかわいそうwなので、ゴルゴとのコラボ?写真


最近お気に入りのクリンコフで戦う少佐


というわけで、臨時ゲームを楽しんだ少佐でした。



  

Posted by 少佐  at 21:13Comments(4)サバゲ

2010年06月26日

Shadow Company

どもども、KSCからガスブロM4が出ると知りorzな伍長です









先日、STRAC Technologies社のF.A.S.T.システムでお馴染みのEDAさんからコンタクトが有りまして、「『シャドウ・カンパニー』の日本語訳ができたから紹介してよ。DVD送るから」と御好意でDVDを頂きました。
F.A.S.T.システム所有者のMt.N氏には・・・。




シャドウ・カンパニーは『現代の傭兵』であるPMCについて、様々な視点で語るドキュメンタリー映画です。

以下は公式HPからの転載
戦争のルールは変わった。現在のイラク情勢がアメリカ新政権にとって重要な問題の中、『シャドウカンパニー』は数々の賞を受賞した面白くて知的な民間軍事会社に関するドキュメンタリー映画です。プロパガンダではなく、政治的にバランス取られたドキュメンタリーを観たい人にお勧め!

* LEO Awards2007ドキュメンタリー部門において4賞を受賞!
* ハリウッド映画『ブラッド・ダイヤモンド』の制作に当たって調査資料になった!
* アメリカ合衆国議会議事堂にて上映!
* アムネスティ・インターナショナルにも絶賛!

転載終わり

インタビューには政治アナリストや作家、現役のコントラクターが登場しています。
各専門家がそれぞれ独自の視点で『現代の傭兵』について語る構成になっています。
それにより問題点や現状、役割などが少しづつ見えてきます。



序盤では傭兵の歴史が語られています。
・・・傭兵は人類の歴史上最も古い職業のひとつだ・・・
紀元前1200 カデシュの戦いにおいて傭兵が戦った記録がある
中世時代 国家群が新時代を迎え数年間の平和を堪能した
しかし兵士は戦いを求め、傭兵団が作られた
英国への帰国を嫌がったプロの兵士たちが、英国傭兵団としてフランス・イタリアへ・・・
歴史の中に登場する傭兵団は、悪魔の化身として恐れられています。
”傭兵は悪”という考えはこれに起因します。

1980年 ローデシアが独立しジンバブエになりました。
黒人支配のなか白人軍人は居場所を無くし、南アフリカの防衛軍に加わります。
複雑な政治背景のなか、世界初の民間軍事会社”エグゼクティブ・アウトカム”が誕生します。


エグゼクティブ・アウトカムのプローモーションビデオが短いながらも収録されていました。
ケブラーヘルメット・ボディアーマー・ウージー短機関銃を装備しCQB訓練しているビデオです。




そして傭兵とは何か?についての語りが始まります。
傭兵(Mercenary)はラテン語の原義”mearces”つまり報酬のことです
実際は傭兵でも傭兵とは言わず婉曲な言葉を使う”コンサルタント”、”社員”などだ。


会社・カンパニーという言葉の由来は中世ヨーロッパの傭兵団”フリー・カンパニー”だ
民間軍事会社という言葉を広めたのは英国の傭兵会社の努力の成果です


ここでは現役のコントラクターとアナリスト達の温度差が感じられます。
傭兵と呼ぶなという現役と、所詮彼らは金のために働くと言い切るアナリスト達。
複雑ですね・・・。




時おり”イラクからの手紙”というタイトルで、イラクの現役コントラクターのつぶやきが挿入されます。
軽快な音楽と共に皮肉たっぷりの語り口が面白いですね。






1995年3月にエグゼクティブ・アウトカムズはシエラレオネでゲリラを制圧、平和交渉をさせた。
この件において民間軍事会社が国を救うことすら可能なことを示した。


2004年3月、赤道ギニア共和国においてクーデター 未遂が発生。
ロンドンの実業家が集まり、傭兵を雇った結果だった。


フレデリック・フォーサイス
戦争の犬たち は有名ですが、2004年にも同様のことが行われていたんですね。


”コントラクトの選択”では『道義的』『倫理』『報酬』『善悪』などの言葉が飛び交います。
金の為になら何でもするor善のために働く
・・・結局は会社や個人の曖昧な感覚でしかないのでしょうが・・・。

そして”人的損失”
ファルージャでのブラックウオーター社員の事件について触れています。

メディアでは米軍の遺族は頻繁に出てきますが、ここではコントラクターの遺族が登場します。
淡々と夫の死について語る妻の姿には、抑えられない悲しみが宿っていました。


最後はPMCにも規制を設けるべきだとまとめています。
現場側でも経営側でもアナリストの意見でも同様です。


このDVDは民間軍事会社についてのドキュメンタリーの日本語訳です。
ハリウッド映画のような激しい銃撃シーンも”GUNNER”のような迫力ある訓練シーンはでてきません。

淡々と”民間軍事会社とはなにか?”を語る内容です。
そこには目を背けたくなる現実も描写されています。
資料的価値はとても高い内容です。
PMCについて詳しく知りたい方にはお薦めです。


EDAさんのHPではまだ扱っていないようですが、ECHIGOYAさんで購入できるようです。

ではでは~

※0627追記 EDAさんでも直接購入できるようになりました。また、アマゾンのマーケットプレース(EDA出品のもの)は輸入品とありますが、同じものです。


  


Posted by 少佐  at 20:45Comments(11)映画

2010年06月21日

NVD(Night vision device)



昨日のゲーム終了後、Mr.ACUの送別会をやるという理由にかこつけて、ゴルゴ邸を襲撃した少佐です。

ゴルゴ邸には楽しいおもちゃがいっぱいあるのですが、今回はこんなものを発見。これをつけると真っ暗でもよく見えるらしい。銃にも取り付けれるらしいが、おもしろそうなので、ヘッドハーネスに取り付けて、頭に固定してみました。



少佐がつけると、病院を抜け出した危ない人のようです。前のキャップには小さな穴があいていて、ある程度明るいところでも見やすくなっています。明かりがない暗闇では、キャップをはずします。さらに暗い所では、IRを点灯させます。



あたりが暗くなってきたので、外を見てみました。



暗くした部屋の中でMr.ACUを見てみる。鮮明でないのは、たぶんピンボケです。



このAN/PVS-14みたいなおもちゃは単眼式なのですが、最初見づらいのではと思ってましたが、明るい場所ではは右目、暗い場所では左目と、意識しなくても見えるので、問題なかったです。

ところで、送別会は突然決まったので、何も用意してませんでした。そこでハンター君が教えてくれたラニチキンを、買っていくことにしました。ちなみにラニチキンとは店の名らしいですが、商品名はホールチキンとハーフチキンとしかないので、ラニチキンと呼んでいます。ハワイではフリフリチキンというらしい。

飲み物を買っていくのを忘れたので、ゴルゴがわざわざ買ってきてくれました。ルートビアー(ハンター君おすすめ。ビールではない。甘い薬のような味ですw)などを飲みながら、Mr.ACUとなごりを惜しみました。






  

Posted by 少佐  at 22:00Comments(4)その他装備

2010年06月21日

This is my rifle!

This is my rifle! This is my gun!
今日はいきなりサービス画像ですw

昨日は、GFBのゲーム日でした。Mr.ゴルゴがテキサスでの訓練より帰還。Mr.ACUとひさしぶりにゲームに参加しました。

少佐が率いる海兵装備の赤チーム

Mr.ACUが率いるゲリラ軍団? 黄チーム


今回のゲームが、残念ながらMr.ACUのラストゲームになりました。三沢での勤務を終えて米国本土に転勤です。また、ゴルゴも中東某国への半年間派遣されるので、今年のゲームは最後のようです。



Mr.ACUは言葉の壁を超えて、その明るいキャラクターがチームをなごませてくれました。ゲーム終了後「GFBのみんなと楽しくサバイバルゲームができて、いい日本の思い出になりました。みんなありがとう」とあいさつ。



Mr.ACU、GFBは君を忘れない。アメリカでも楽しいサバゲを続けてください。

記事製作:少佐 一部画像提供:Mr.ゴルゴ

  

Posted by 少佐  at 18:46Comments(6)サバゲ

2010年06月13日

【動画】VFC製M4A1が来ました

どもども、前回歯が欠けて硬質セラミックに換装した伍長です。


とうとう来ました!
VFC M4A1 GBB(伍長は初の長物ガスブローバックガンです)


バグダットミリタリーストアで購入です。


ボルト部分

ボルトの凹みが電動ガンとは違うんだぜ!
と主張しているような・・・。



グリップ

モデルガンや実銃同様空洞です。
WA製品との互換製はまだ試してません。



マガジン挿入部

実物のPマグは挿入してロックが掛かりました。
実物マガジンは挿入できますがロックが掛かりません。



RIS

INOKATU製RISが付いてきました。
エッジもしっかりしていて、高級感がありますね。



ボルト部のアップ


電動ガンとは違って、スチール製ボルトが覗いています。
フルストロークでこの重いボルトが動きます。



ストック

このシンプルなストックが一番好きです。
マルイ規格のICS製ストックは入りました。
ハイスピードバッファーが標準装備されています。



テイクダウン


テイクダウンピンをポンチで押し、アッパーフレームを持ち上げます。
チャージングハンドルを引くとボルトが抜けてきます。
外の撮影で水滴がカメラに侵入したようで、画面がくもり気味です(汗



実射動画です。
外気温は16℃、湿度は約40%です。

初速は25℃で75m/sくらいです。
ガスブロの特に長物は、外気温やマガジンのガス容量で初速がすぐ変動します。
そのため、外では初速を測っていません。
・・・たぶん60m/sいけばいいほうじゃないですかね・・・。
弾道は素直ですが、HOPの掛かりにバラツキがあり、上下に弾が散ります。
リコイルは今まで撃ったなかでは、AGM製品が近い気がします。
30発はセミで撃てますが、フルで30発撃ち切るのは無理かもしれません。
マガジンの着せ替えができるのは利点ですが、一度マガジンが冷えてしまうと容易に温まりません。
構造的にはWAをコピーして、負圧方式にしています。

今まで撃ったなかでの順位を付けるなら・・・
リコイルの重さ・・・1番WA、2番AGM・VFC、3番タニオ・コバ
弾道・・・1番タニオ・コバ、2番VFC、3番WA、4番AGM(WAとAGMはあまり撃ってませんが・・・)
リアルさ・・・1番VFC、2番WA・AGM、3番タニオコバ
全部、伍長の主観です。
正直比べようがないので参考までに・・・。


この製品は台湾のカスタムショップTAFが内部チューンしています。
・ハンマースプリングの加工による抵抗の軽減
・強化バッファースプリングに換装
・バルブカウンタースプリングの追加
正直、ボルトとノズルを軽量化したほうがいいかと・・・。
社外品がでるのを待つことにします。




各社(WA、AGM、タニオ・コバ)M4 GBB撃ち比べ

手前からタニオ・コバ、真ん中WA、奥がAGMです。



質問等は答えられる範囲で答えます。
ではでは~  


Posted by 少佐  at 20:12Comments(5)ガスブロ長物