スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年01月30日

トレポン+実物Pマグ加工

どもども、ミニミを室内で乱射したせいで隣人から苦情がきた伍長です。
膝ついたときにBB弾があると微妙に痛いですよね・・・。



前回からの続きです。

トレーニングウェポン用に実銃用Pマグを加工して、BB弾を発射・ボルトストップできるようにします。
P-MAGの加工済のマガジンは、ヤフオクやトレポン専門ショップで見かけますね。
自分でもやればできる!・・・”修造”の声が聞こえた気がしますので挑戦します!!




純正のインナーケースを削ります

純正マガジン底部の出っ張りを削りとります。




ひたすら削ります

基本はプラスチックなので加工は楽です。
マガジン上部ですが、ヤスリでR加工しておくとスムーズにマガジンが挿入できます。
特にマガジンキャッチが当たる部分を重点的にヤスリがけするといいですね。




インナーケースを挿入

挿入→当たるところを削る→挿入→当たるとこ(略
地味な作業です。
インナーケースを固定するため、ピンが入る穴も開けます。
目測で開けたらズレてました(汗




マガジン前部も削ります





完成!




固定ピンは片方を大きめに開けてからインナーケースを入れ、ドリルでもう片方を開けます。
そうすれば、両方大きく開けてしまってガタが出ることを防げます。




底板も加工します


余計な出っ張りを取り、スプリングを入れて可動できるようにしました。


2本制作

2時間以上掛かりました・・・。



ボルトストップ可動!

弾が出ても、トレポンの特徴である”BB弾無し→機能停止”が再現できなければ意味がありません。
何度かロアフレームに挿入して微調整しました。
完成後、BB弾を装填して射撃、問題なく発射できます。
弾道も純正マガジンと変わりません。
BB弾を全弾発射後、ボルトストップが問題なく機能しました。


自己満足ですが楽しいですね~。


ではでは~  


Posted by 少佐  at 21:58Comments(3)トレポン

2010年01月29日

Magpul PMAG(トレポン用)

どもども、そろそろゲームしたくてウズウズしてる伍長です。
明後日はシューティングがあるのに仕事だ・・・orz


さて、ひょんなことからマグプル製Pマグ(MAGPUL P-MAG )を入手しました。
トレポン用に加工してしまうので、その前に写真を撮っておきます。
世代がいくつかあるようですが・・・わかりませんでした(汗

※装填されているカートリッジは、市販されているダミーカートです。




ダストカバー付

弾を保護するためのダストカバーがついています。




マガジン底部に取り付け

取り外したダストカバーはマガジン底部に取り付けることができます。












トレポン用マガジン、実銃用従来マガジン、Pマグ

前にブラックホールで入手した実銃用マガジン(トレポン用の飾り)と、トレポン用マガジンとPマグを並べてみました。
中古払下げのマガジンなので汚い(それがいいんですがw)ですね。
高級感のあるトレポンマガジンや、最新の強化ポリマー製Pマグとは比べ物になりません。
トレポン用マガジンはケースがスチール、払下げ品はアルミ、Pマグは強化ポリマー製です。
払下げ品にエアコッキングガン(0.6J)でBB弾を撃ちこんだら、わずかに凹みました。
同様に、PマグにもBB弾を撃ち込みましたが、凹みや傷ができませんでした。
さすが、トラックに引かれても大丈夫(クリックで動画に飛びます)なPマグです。



フォロアーの比較

トレポン用マガジンのフォロアーはヒョウタン型です。
払下げ品のマガジンフォロアーはガタガタなうえに汚いですね。
Pマグのフォロアーは面取されており、スムーズに動きます。





Pマグのフォロアーのアップ

”M”のマークがカッコいいですね、加工するので捨ててしまいますが・・・。
フォロアーと並行になっている突起のおかげで、スムーズな給弾が可能です(想像


マガジン下部


2秒で分解できます。
とてもメンテンス性が優れています。
従来のマガジンでは無理な芸当です。





トレポン用マガジンと比較

シリンダーを抜いたトレポンだと挿入できて、さらにロックも掛かります。
WA製M4や電動ガンではできません。
ヤフオクなどを参考にこれからトレポン用にPマグを加工します。



・・・勿体無い気がするけど・・・。


ではでは~
  


Posted by 少佐  at 21:18Comments(7)トレポン

2010年01月28日

人質救出作戦「ひゅうが」

護衛艦ひゅうがの主な任務は対潜哨戒になるのであろうが、その他には離島や海外での災害派遣にも威力をはっきするでしょう。ひゅうがは、多数のヘリを搭載できるだけでなく、今までの護衛艦ではできなかった、陸自や民間のヘリも搭載し離着陸できることは、任務の幅がひろがったといえるのではないでしょうか。

ひゅうがの甲板上が寒すぎて、かぜを引いてしまった少佐であるが、寝床でごろごろしてると妄想にばかりふけるものだ。ヘリ→へリ空母→特殊作戦?とか、ひゅうがを使って何ができるか、勝手に妄想してみました。注;これより以下は少佐のくだらない妄想なので、なるべく読まないようにw 




少佐の妄想劇場「ヒュウガ人質救出作戦」

西暦201×年、世界的な寿司ブームにより魚が激減していた。そこでWF○(世界食料なんたら機関)は魚資源を大量に消費する鯨の捕鯨を許可することにした。表だった活動をすることができなくなり収入がなくなってしまった反捕鯨犯罪海賊集団「海のクズ」は、南シナ海の海賊たちと行動をともにしていた。

201×年×月×日、南シナ海のある島の近くで、ダイビングをしにきていた○本人観光客ら7名が彼らによって拉致されてしまう。彼らの要求は、○本がくじらを獲ることを、ただちにやめなければ、人質を食ってしまうという非人道的でむちゃくちゃな要求であった。

○本政府は、交渉を継続するとともに、ただちに救出作戦の準備を始める。
そして救出作戦タスクフォースが編成され、新鋭ヘリ空母ひゅうがに、特殊作戦群隊員とブラックホーク、アパッチ戦闘ヘリが搭載された。

島周辺は武装海賊の支配下にあり、現地政府もうかつに手をだせない状況にあった。
交渉は難航し、○本政府は現地政府の協力のもと情報を収集し救出作戦を実行する。

先に侵入していた偵察チーム4名の手引きで、ゾディアックボートにのった救出チーム16名が到着、人質は海岸近くの家にあつめられ、今にもその中の一人が見せしめに刺身にされるところであった。犯人グループは、12名でAK47とRPG7で武装しているという。

連絡をうけ、島の沖に待機した、ひゅうがより4機のブラックホークと2機のアパッチが飛び立った。
偵察チームと合流した救出チームは、作戦を開始、外の見張りを狙撃した後、家屋に突入
犯人全員を無力化し現場を制圧、人質を無事救出することに成功した。

しかし、ヘリが着陸できる広い海岸のあるところまでは、海沿いを徒歩で移動しなければならない。10分はかかるであろう。付近にいた、犯人の仲間の海賊たちが、銃声を聞いてあつまってきた。救出チームはただちに航空支援を要請、アパッチがただちに、海賊の乗った黒いボート2隻を破壊無力化した。

人質と救出チームはブラックホーク3機に、分乗し無事ひゅうがへと帰還した。ひゅうが艦内には、生還した隊員たちを出迎えたタスクフォース司令官の少佐の姿があった。少佐「よ~し、今夜はくじら汁食って、宴会だあw」 伍長「お~!」

こうして救出作戦は成功し、反捕鯨犯罪海賊集団「海のクズ」は、消滅したのである。めでたしめでたし。

*なお、これはまったくの架空のお話(フィクション)であり、特定の団体、個人とは一切関係ありません。
  


Posted by 少佐  at 20:22Comments(2)その他

2010年01月28日

ひゅうがとヘリ


まだまだ続く、ひゅうがシリーズ。
甲板よりエレベーターで、下に下がると格納庫である。海自のヘリが展示されていた。



後部エレベーター(前部エレベーターは20×10m、後部のは20×13m)上にも、対潜哨戒ヘリSH60K(違ってたらすんません)がいた。その奥は、ヘリの整備スペースである。



CWO Jin 君の指摘によりこのヘリはAGM-114“Hellfire”対艦ミサイルを搭載していることがわかりました。自分で撮ってて気が付かない少佐でした^^; 鮮明ではないのですが拡大しました↓



ヘリの側面になにやら機関銃のようなものが・・・



アップで撮ってみると、74式車載機関銃らしい。ソマリア沖に派遣される予定なのだろうか?



操縦席に乗れるというので、乗ってみた。



ここには、ミニガンを積みたいw



かぶれるものは、とりあえずかぶるのが少佐流である。



おまけ、トイレはちゃんと流しましょう!



  


Posted by 少佐  at 11:00Comments(2)その他

2010年01月26日

Phalanx on HYUGA

ひゅうが船首部分ついてる艦艇用近接防御火器システム(CIWS)
    20mmガトリング砲 ファランクス (Phalanx Block1B )
          "The last line of defense"
ファランクス とは、対空ミサイルで撃ちもらした、対艦ミサイル等を至近距離で撃ち落とすために、レイセオン社が開発した、近接防御火器システムである。自動制御された6銃身の20mmガトリング砲から毎分3,000発の発射速度で、で砲弾を発射し、目標を破壊するのだ。いわば軍艦の最後の守りなのである。


ひゅうがは、ヘリの運用を第一に考えてるらしく武装は少ない。ファランクス君も前と後ろに2人だけです。



さすが自衛隊、黄色の安全キャップがついていますw 
セーフティーゾーンでは、銃に安全キャップをしましょう。        





船尾の甲板上には、16セルのMk 41 MOD22垂直発射システム (Mk-41 mod22 Vertical Launching System)が搭載されていて、対空・対潜・対艦戦闘にそなえる。



見学の際にもらったパンフより


航空戦艦 日向 についても詳しく載ってました。







   

  


Posted by 少佐  at 12:00Comments(0)その他