2013年02月21日

ゼロ・ダーク・サーティ




「ゼロ・ダーク・サーティ」見てきました。監督が『ハート・ロッカー』のキャスリン・ビグローって決まった時から、もう期待はしてませんでしたが、Operation Neptune Spear ビンラディン殺害作戦を描いた映画なので、とにかく見ましたよ。

前半は、だらだらと拷問シーンが続いたり、眠たくなるような展開。しかし、ビンラディンの連絡係の本名が判明したあたりから、緊迫感がある展開に、そして、クライマックスは当然、デブグルによる作戦シーン。何分だったのかわかりませんが、もうちっと見たかったなあ~

CIAの女性分析官が主役ですから、シールズは、完全に脇役なんですーー; 

 

とはいっても、作戦直後、あれこれネットを調べたり、ドキュメンタリーを見たりしたけど、やっと映像化されたシーンは感動ものでしたね。詳しく書くとネタばれにあんるので、あとは劇場で見てください。



装備で言えば、この4眼のナイトビジョン GPNVG18(Ground Panoramic Night Vision Goggle 18 )
が最先端の特殊部隊っぽくてよいですね。



上にあげてるとなんか、サムライのカブト?八つ墓村?



ところで、映画を見てあらためて、ビンラディン殺害作戦に疑問が湧いてきました。
公式には、機密保持のため、パキスタン政府に事前通告なしで作戦は遂行されたとなってます。

たしかにステルスヘリを使って低空飛行をすれば、レーダーにはひっかからないでしょうが、アボッタバードは、大きな町であり、ビンラディンの隠れ家のまわりこそ、畑ですが、50mも離れていないところに人家がたくさんあります。1.3キロ離れたところには、士官学校があり、軍人も多くすんでいる町だそうです。

そんな場所で、40分もの間、どうして隠密に作戦は遂行できたのでしょうか?ヘリが来て(しかも1機は墜落)、銃声やエントリー時の爆発音が響く中、なぜパキスタンの警察や、軍が作戦中に現れなかったのか?映画の中では住民をデブグル隊員が威嚇するシーンがありましたが、武装した警察や軍がくれば、戦闘はまぬがれなかったはず。ところが、報道でもそんなトラブルは一切なかったということです。

さらに、ステルスは1機墜落したため、チヌークが回収しに来るわけですが、レーダーにも探知されてよく無事に帰還できたもんだと。

そもそも、山ん中じゃないんだから、目立たない車にのり、現場に行き、私服姿の隊員が地上から突入したほうが、もっと簡単だったような気がします。パキスタンは敵国ではないし、アメリカ大使館やCIAの支局まである国なので、特殊部隊の隊員を送り込むのに問題があるとは考えられない。現実に武装したCIAの工作員は、この時点でパキスタンにいたわけです。


さらに最大の謎は、ビンラディンの死体を海に捨てたことですね。イスラム教徒に配慮するなら、土に埋葬するのが普通なのに、なぜ反発を買ってまで、海に捨てたのか?死体を掘り起こされるとまずいことでもあったのでしょうか?

いつか真実が明かされることを期待します。








同じカテゴリー(映画)の記事画像
「オーガストウォーズ」と「5デイズ」その2
「オーガストウォーズ」と「5デイズ」
ゴジラ2014
ローン・サバイバーを見て
SEAL Team Six: The Raid on Osama Bin Laden
ACT OF VALOR が見れないお~><
同じカテゴリー(映画)の記事
 「オーガストウォーズ」と「5デイズ」その2 (2014-09-15 13:00)
 「オーガストウォーズ」と「5デイズ」 (2014-09-15 01:53)
 ゴジラ2014 (2014-07-29 22:49)
 ローン・サバイバーを見て (2014-03-31 22:36)
 SEAL Team Six: The Raid on Osama Bin Laden (2013-02-19 20:11)
 ACT OF VALOR が見れないお~>< (2012-06-17 00:34)

Posted by 少佐  at 22:31 │Comments(4)映画
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村
この記事へのコメント
水葬に関しては「ビン・ラディンの埋葬場所が聖地化すると困る」と言うのを聞いた事がありますが、公式発表じゃないですねー。
Posted by ワタナベ at 2013年02月21日 23:25
ワタナベ さん、こんばんは。
そういう風に聞いてますが、聖地化してそんなに困ることがあるのでしょうか?それより、一番怖いのは、報復テロのはずです。イスラムでは土葬が普通で、水葬されたことは、イスラム世界からの反発を買い、さらなるテロを生むということは、用意に想像できたはずです。いかなる宗教であれ、死者を冒涜するのは許されない行為だと思います。
Posted by 少佐少佐 at 2013年02月22日 00:52
ご無沙汰しております。

宗教上の聖地といえばバチカンやエルサレムなどが挙げられますが、特に
後者はイエス・キリスト殉難の地として知られております。
ビンラディンの埋葬地が後年こうした扱いを受け、「対テロ戦争」が宗教戦争の
様相を呈してくる…という事態はアメリカ側としても当然避けたいはず。
(聞くところによるとACOGのサイトには聖書の一節が刻まれていて、イスラム
勢力から反発を食っているとか…)

納入済みのサイトの表記を消すぐらい神経を使うのだから、表向きは非公式な
発表を行い、遺体に敬意を表しつつも管理下におけるしかるべき場所に埋葬した
ものと見るのが妥当かと思われます。
Posted by たいらあおば at 2013年03月20日 18:07
素人の発想ですね( ^ω^ )

もう一度よく見直すことをお勧めいたします( ^ω^ )
Posted by ( ̄▽ ̄) at 2014年04月18日 17:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。