2008年02月13日

野ざらしの騎士 ティーガーⅠ


またまた懲りずに場違いなネタ第二弾 戦車ネタ投入!
前の記事のつながりで、ノルマンディーに行った目的のひとつを紹介。
世界の博物館には私の知る限りでは、4台しかティーガーⅠは存在しない。
そのうち2台は見たが、戦場にいる戦車というかんじの写真が撮りたくて
フランスのいなかに野ざらしで展示されてあるティーガーを捜して行ってきました。
あのビィットマンと同じ時代、同じ戦場にいたティーガーです。

悲しいことに長いこと手入れされていないらしく、放置状態でした。
ここには、戦車以外何もなく、あまりおとずれる人もいないようでした。
撮影中、フランス人が来てタチションして、戦車には目もくれずさっていった。
戦車関係は好きなので、いつか専用のブログがHPでも作ってみようと
思ってます。(といいながら、いつもやらない)




このティーガーとノルマンディーの旅行記を作りました。
現在ほそぼそと更新中です。



同じカテゴリー(ノルマンディー)の記事画像
オマハビーチ 動画
D・DAY ノルマンディー
同じカテゴリー(ノルマンディー)の記事
 オマハビーチ 動画 (2009-08-05 10:00)
 D・DAY ノルマンディー (2008-02-09 17:55)

Posted by 少佐  at 19:18 │Comments(9)ノルマンディー
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村
この記事へのコメント
ティーガーですか、戦車が分からない自分でも知っている有名な奴ですな。
雄々しく勇壮な姿は、今は無きドイツ帝國の凄さを感じます。

TAMIYAのラジコン戦車も凄かった。マルイの90式とは雲泥の差が・・・。
値段もだけど。

リコーンな自分ですが、基本はガンマニア、もちドイツの銃はたまらなく魅力的。
ルガーに、ワルサーに、MG34・・・。ハンドガンで、ご飯5杯はいけますな。
Posted by 伍長 at 2008年02月13日 20:30
どもです(^^

伍長さんに同じく・・・

戦車の中で唯一知っているのが、これですね。(汗


“ライアン二等兵”の最後で、教会の鐘のところからハンドサインで「T」の文字作ってたのが、、、たしかそうだったはず・・・。(だったっけ?あれ?)


3枚目の写真の縦に走っているのは亀裂でしょうか??
Posted by あきろ at 2008年02月13日 21:51
>伍長
ドイツの銃、ええですな(よだれ)。コンバット世代なもんで、ルガーやMP40
のモデルガンがほしくてだまらなかった。小学生の自分では買えなかった
けど。コンバット見てドイツ軍にあこがれちゃうのは、性格曲がってる?
MG34?42?は、簡単にサンダース軍曹の手榴弾でやられちゃうんだよな。軍曹のトミーガンはミニガンなみの威力でしたね。子供心にいいかげんなアメリカのTVに憤慨してた。

>あきろ君
>3枚目の写真の縦に走っているのは亀裂でしょうか??
そうです。ティーガーは当時、最高軍事機密だったので、故障や被弾で動かなくなった場合、自爆させることになってました。そのときにできた亀裂だと思います。

>ハンドサインで「T」
そうです。ティーガーは連合軍に非常に恐れられていたので、映画にもつかわれたんでしょう。ティーガー1台を倒すためにシャーマン5台以上で攻撃したそうです。
ハンドサインをした左利きのスナイパー、かっこよかったなあ。右利き用ライフルのボルトをものすごい速さで、動かしてましたね。
そうそう映画で使われたのは、T34をベースに改造したやつですが、イギリスの博物館に展示されてました。
Posted by 少佐 at 2008年02月13日 23:22
なるほど、自爆の際のでしたか・・・
でも、自爆しても全壊まではいかないんですね・・・逆にすごい(汗

そうです!左利きスナイパー!
物すごくかっこよくて、憧れたりしました☆
射撃前の「神よ、私に力を~」的な台詞が好きで、
たまに真似したりしてました。

実際、それで仕留められたかどうかは聞かないでください(泣

T34・・・。
これもティーガーの一種なんでしょうか??
Posted by あきろ at 2008年02月14日 00:09
T34は、大戦当時のソ連製の名戦車です。アメリカのシャーマンと共に、もっとも多く作られた戦車のひとつです。ティーガーがデビューするまで、T34に対抗できる戦車は、ドイツになかったくらい優秀な戦車です。
古くなったT34は大量にあったので、安く買って改造用に使われたんだと思います。ドイツ戦車はほとんど破壊されてしまい、貴重品なので。
Posted by 少佐 at 2008年02月14日 21:27
なるほど、ソ連製のでしたか、、
戦車って・・・買おうと思って買えるものなのでしょうか??
Posted by あきろ at 2008年02月14日 22:54
「日本の常識、世界の非常識」
戦車は古くなると、粗大ごみ状態ですから、どこの国の軍隊でも売りたがるもんですよ。全世界の事情は、知りませんが、アメリカとかヨーロッパでは古い戦車は、個人でも買えるようですよ。ま、大砲は発射できないようにしてるはずですが。逆に買えない国は共産圏の国とか、少ないんじゃないのかな?

フランスで見た、家族経営みたいな民間の戦争博物館で、そこのオーナーがにやにやしながらレオパルドⅠ(戦後のドイツ戦車)のエンジンを調整してたのを見たことがあります。また、私の知る限りでは、イギリスやアメリカで、戦車や戦闘車両のマニアのイベントなんかも知られてます。イギリスで見たイベントでは、マニアの人たちが戦車や装甲車をトレーラーで持ち込んで、コスプレして乗ってました。「バンド オブ ブラザース」に出てきたドイツ軍の戦車も個人所有の戦車じゃないかなと思ってます。
Posted by 少佐 at 2008年02月15日 20:25
どこからともなく流れてきたり、闇で取引されていたりするのかと思いましたが・・・

まさか普通に、しかも手放したいという理由で流れているとは(汗
驚きです☆
やはり、そのまま取っておくより、マニアに流した方が経済的にもいいんでしょうか??

ブラザーズ・・・まだ見てないんですが、
まさか映画に出てくる物まで個人所有とは・・日本国内では考えられないですね(汗
すごすぎます☆
Posted by あきろ at 2008年02月16日 01:07
「バンド オブ ブラザース」絶対、見たほうがいいですよ。戦闘シーンがすごくリアルでかっこいいです。全部実話を元にしているってのも、リアリティに拍車をかけます。小隊、中隊規模の戦術をきっちり描いているのは、他にあまりないと思います。

退役した戦車は軍にとって、粗大ごみ?日本以外の国では、中古として他の国の軍隊に安く売るか、無償供与するのが一般的だと思います。ただ、民間に売ったほうが高く売れるのかも?軍としては、最新兵器のほうがいいですもんね。逆にマニアは古いほどありがたがる(笑)日本では鉄くずとしてバラバラにしてから売るみたいです。
Posted by 少佐 at 2008年02月16日 16:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。