2010年02月11日

LiFe in トレポン

どもども、バレンタインなにそれおいしいの?が最近の口癖になっている伍長です。
みんな、お菓子メーカーに飼い慣らされやがって・・・・。



前々から計画していたトレポンLiFe化計画をついに実行しました!

いたってノーマルな雰囲気。


後ろから

官品風ストックがシンプルで素敵w



ストックカバーを外すと・・・

LiFeバッテリーが出てきます。




挿入されているバッテリーはIRE製『hide ハイド』です

公式HPより転載

仕様:LiFe Po4
電圧・容量9.9V 1000mAh
大きさ:22φ×130mm(線部20mm)
重さ:130g

リチウムフェライト〔LIFe〕の特徴
リチウムフェライトバッテリーとはリチウム系の新しいバッテリーです。
リチウムポリマー〔LIPo〕で問題になっている発火炎上が極めて起こりにくい物質で形成されています。又ニッケル水素のように自己放電によってバッテリーが破損することも無く、ニッカドのように劣化が早くメモリー効果によって充電容量が著しく減少することもありません。

充電も速く、安全管理も楽ですね。
・・・いいことづくめです。
欠点をあげるなら、専用の充電器を使用しなければならない点でしょうか。




コネクタ部

LiFeバッテリーからはバランス充電用のコネクタが出ています。
以前紹介した、UFC製SUPER MULTI CHARGERにて充電します。
2Pコネクタへ変更済です。



ストックパイプ内イメージ

実際にはコネクタを接続し、コネクタ部をバッテリーで押し込みます。
トレポン用基盤はTW5のコンパクト基盤を利用しています。
ヤフオクなどで出品されていますね。




2Pコネクタ

本来はタミヤコネクタ仕様のバッテリーですが、トレポン専用且つ高効率化のため2Pコネクタへ変更。
コネクタ自体もコンパクトになるため、収納スペースを活用できます。




CQB-Rに換装

やっぱり重い・・・。
アルミアウター+樹脂製ハンドガード+官品風ストック+Pマグだと、とても軽く扱い易いです。
スチールアウター+RAS+官品風ストック+Pマグはまだ重いですね。


発射サイクルですが、NiCd9.6Vに比べると秒間2発程度落ちますね。
バッテリーの持ちですが、まだゲームに投入していないので分かりません。
-6℃の環境で耐寒テストもしました。
サイクルが落ちますが、発射出来ないほどではありません。
次回動画で紹介します。


ではでは~






同じカテゴリー(トレポン)の記事画像
トレポン+実物Pマグ加工
Magpul PMAG(トレポン用)
ケースの収納
MOE TRIGGER GURD
サマーウォーズとPTWモーター
ASAP MAGPUL PTS
同じカテゴリー(トレポン)の記事
 トレポン+実物Pマグ加工 (2010-01-30 21:58)
 Magpul PMAG(トレポン用) (2010-01-29 21:18)
 ケースの収納 (2009-12-12 13:48)
 MOE TRIGGER GURD (2009-11-14 10:00)
 サマーウォーズとPTWモーター (2009-08-15 16:48)
 ASAP MAGPUL PTS (2009-05-02 18:57)

Posted by 少佐  at 12:00 │Comments(2)トレポン
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村
この記事へのコメント
How is your trigger response with that battery?
Posted by Mr. Golgo at 2010年02月14日 01:23
>Mr. Golgo

Trigger responses different are normal in comparison with NiCd battery =)
Posted by 伍長 at 2010年02月15日 14:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。