スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2011年09月22日

世界侵略: ロサンゼルス決戦 を見たよ


ここ1年以上、映画館で映画見てなかった少佐ですが、海兵隊が主役の映画っつことで、映画館に行ってきました。



内容は、地球侵略を企むエイリアンとの戦いなので、バリバリの戦争映画好きとしては、あまり期待はしてなかったのですが、見事に期待を裏切って、おもしろかったです。



こいつは、SF映画ではなく、戦争映画です。 SF映画でありがちなのが、銃で撃っても死なないエイリアン、だいたい軍隊は脇役で、あっという間にやられてしまうとか。ところが、 ロサンゼルス決戦では、エイリアンも通常兵器で死んでくれます。もちろん、エイリアンの兵器は強力なので、米軍は苦戦しますが・・・


「どんなに兵器が進歩しても、最強の武器は、ライフルを持った海兵隊員である」(何で読んだか忘れましたがーー;)、まさにこの映画は、M16やミニミなどの小火器だけで武装した1海兵隊小隊が、国を守るために、エイリアン相手に命懸けで戦います。

なんで宇宙人が侵略してきたかとか、何物なのかとかそういう細かいことをぶっ飛ばして、とにかく最初から最後まで、海兵隊と宇宙人との戦いが続くという素晴らしいw展開です。



一つ気に入らないのが、この長ったらしい邦題「世界侵略: ロサンゼルス決戦 」 
原題 Battle: Los Angeles まま、バトル・ロスアンゼルスとか、バトルLAとかでよかったんたんじゃないかな?




海兵隊といえば、だいぶ前、ファルージャの戦いが映画化されるという話はどうなってしまったんでしょうか?

予告編

小隊の最初の戦闘



  


Posted by 少佐  at 21:58Comments(4)映画