スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年08月19日

近代戦史資料展 展示物

以前の記事で、近代戦史資料展 の紹介をしましたが、今回は知人の案内の元に、展示会の様子を写真で紹介しようと思います。なお、画像はすべて許可を得て撮影および掲載しています。



会場である三戸町立歴史民族資料館は、三戸城があった城山公園内にあります。



ちなみに、八戸では、根城(地名にもなっている)という中世の城が、復元されて公開されています。

知人の日本軍(特に陸軍関係)のコレクションは、いくつか見せてもらったことはあるが、展示会に行ってみると、その量と質に圧倒された。これが、ほとんど個人のコレクションであるというのであるからびっくりである。



まずは、軍刀の数々。上と下は、指揮刀で、通常でも模造刀がはいっていました。真ん中のは、サーベル型軍刀です。昭和初期までは、このようなサーベル型が、使用されていたそうです。



こちらは、まさに日本軍のイメージの、軍刀たち。

上の刀身は、三州住筒井清兼で昭和18年に作刀されものです。

これらは、陸軍将校用軍刀で、上から 九八式、 九四式、九八式 三式
で、三式が一番新しく大戦末期のものです。

ご存知の方も多いと思いますが、三式とは、皇紀2603年(昭和18年)に制定されたので、九八式(皇紀2598年制定)より新しいものということです。



注:これらの展示物に関する質問に、答える知識は、ほとんどありません^^;ので御了承ください。

つかれたのでw 次回に続く


  


Posted by 少佐  at 20:15Comments(5)その他