スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2009年07月30日

AGM製ガスブロM4

どもども、夏休み?なにそれおいしいの?が口癖の伍長です。

今回は、前回のゲームで登場したAGM製ガスブローバックM4を紹介します。

・・・しかし、少佐・伍長の銃ではなくG. F.B.サブリーダーの杉丸さんが購入したものです。

細かいチューニングについては杉丸さんのブログにて紹介されていますよ~。


ボルトオープン

樹脂製のボルトヘッドが見えていますね。
モデルガンやガスブローバックはこの排莢口が開いているのがたまりません。


下から撮影

ガスブローバックガンなのでグリップには空洞が見えます。
グリップも実銃のように細いですね。


デルタリング部とホップ調整部

WA製品とよく似ています・・・。


マガジン

左がマルイ旧世代用、右がAGM M4用です。
杉丸さんも言っていましたが、ガスが入りづらいです。


テイクダウン

ハンマーが見えています。
まるでモデルガンのようですね。
アッパー・ロアフレームとも金属製で剛性感もありますね。


取り出したボルト


シリンダー(キャリヤ)部分は金属製です。
このシステムの特徴である矢羽が引っ込んでいるような。


リコイルガイド

リコイルガイドも樹脂製です。
ここを金属製にするとリコイルが変わるのでしょうか?


前に貼り付けた動画の前半でAGM M4を試射しています。

スローモーションではボルトキャリヤーが後退後、ボルトが遅れて後退しています。  


Posted by 少佐  at 22:21Comments(1)ガン