スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年12月23日

【動画】東京マルイPx4 【回転式バレル】

どもども、ふらりと県内の模型屋に出かけたら、帰りにPX4を握っていた伍長です。





ついつい衝動買いしてしまいました。
なんせ完全新規のエアガンは久しぶりの販売ですからね(FN57は・・・興味なかったです




映画にも登場!

ベレッタPx4といえば・・・
あの『世界で一番不幸な男』こと、ジョン・マクレーンが使っていたのが印象的です。





シルバーの下地に個体別のシールを貼る構成になってます。
外箱の使いまわしが効くのでエコになるんでしょうか?



側面


刻印はマルイオリジナルですね。
実物↓



スライドを後退した状態




リアサイト及びハンマー周辺

ファイヤリングピンのダミーとしてネジが見えます。
デコックするとちゃんとネジが隠れますよ。



HOP調整ダイヤル

テイクダウンせずともHOP調整が可能になっています。
しかし、エジェクションポートの上に『バリ』が・・・。


既存のマルイ製品と違う箇所

今までの製品に比べノズルが目立たなくなりました。


フィールドストリッピング

グロックのようにスライドロックを下げると、簡単に分解できます。



スライド・バレル


特徴はなんといってもロテイティング・バレルによるロッキングシステムの再現がされていることです。
ティルトアップするだけのシステムより、バレルが回転するのが見れるのがメカメカしくていいですね。





フレーム

金属製のレールやインナーシャーシのおかげで剛性感があります。




ユニークなバックストラップ
同梱のバックストラップを交換することで、実銃と同じくS、M、Lのグリップサイズに変更可能です。
伍長はSサイズが丁度良かったです。







伍長が作ったPX4の動画です。
ピントがズレていたりはご愛嬌(汗

反動は『重くて鋭い!』印象です。
初速は既製品より低いですね。
デコックレバーの動きは解除に固さを感じますが、そもそも安全装置なので丁度いいかと。
実射ではマルイらしい伸びの有る素直な弾道が得られます。



次回は既存のポリマーオートとの比較を行ってみます。
ではでは~  


Posted by 少佐  at 19:30Comments(8)ガン

2010年01月19日

A&K M249 ハイサイカスタム

どもども、少佐のところに遊びにいくと必ず”雪かき”させられる伍長です。
今年の大雪には参りました(>_<)


チームメンバーのMr.ゴルゴより、A&K製M249を安値で購入しました。





FET組み込み済で、ピストンとピストンヘッドが社外品でした。
初速は94~97m/sと高め、連射速度はニッ水9.6Vミニバッテリーで毎秒14発ほど。
ギアノイズと固めのスプリングのせいか、ギュバババババッ!とけたたましい作動音です(汗
3mの距離で判断できるほどグルーピングが悪く、売りたくなる気持ちも分かります。





早速、分解して弄ります。
分解や調整にはミリブロの”春”さんや、GFB屈指のマシンガンナーである”杉丸”さんのブログを参照にしました。



シリンダー系


シリンダーヘッドの怪しいOリングをマルイ用に交換。
シリンダーはKM企画のパワーシリンダー400?に交換。
このクッション材の材質が知りたい・・・。


ピストン系

ピストンヘッドはMr.ゴルゴがセレクトしたモノを使用、スムースベアリング付です。
しかし、純正のボアアップシリンダーに未対応Oリングだったため気密がとれていませんでした。
どおりで打撃音が大きいわけだ(笑
シリンダーをKM製に換えたので、ついでにマルイ用と交換。
ピストン自体は中心の穴が大きく、別の電動ガンに使っていたのかな?と妄想。
ピスクラ防止がされていました。



モーター

純正品の粗悪さは折り紙つきです(笑
ガタつきも大きく、ノイズがひどいですね。
ここはシステマターボモーターに換装しました。
ガタつきはゴム板で補正しています。
参考にしたブログではシステマモーターは鬼門らしいですが・・・?
どうなることやら。



チャンバー周辺

Oリング類を増やして固定力を上げます。
チャンバーを自作されている方もいますが、根が貧乏性なのでしばらくこの仕様です(汗



ホップ周辺

ホップの効きが悪いのは明らかだったため、極細スプリングを追加してみました。
まだ、外で試射していないので弾道は分かりません。
バレルやチャンバー根元にシールテープを巻いて気密をとります。
バレルはM4用のマルイ純正品。スリーブを使いセンターをだしています。
これ以外にもシム調整や地味なテープ巻など、手が掛かってます。
というか、自分テープしか巻いてないじゃんorz



チューン後の初速と発射サイクル

満充電したトレポン用9.6V1600mAh のニッカドバッテリーを繋いだ状態での測定です。
このタイプのストックには、トレポン用の新型バッテリーが収納できます。
ヌンチャクタイプになっているため、レイアウトに幅がありますね。
5m位での試射しかしていませんが、一直線にBB弾が発射されワンホールでした。
あとは屋外での弾道をみてみたいですね。


ではでは~  


Posted by 少佐  at 19:44Comments(8)ガン

2010年01月13日

【動画】M1911-A1デュアルマキシ【手直し】

午前中に投稿した記事ですが、youtubeの動画が非公開になっていました。

なのでもう一度投稿します。





投稿した動画です。
ガスの気化スペースを考えながらガスを充填したせいで、ガス切れ寸前のカットが多いです(汗
たまにトリガーの反応が鈍い時があります。グリップセーフティーが干渉しているかもしれません。
カートリッジ式のためダブルフィードやストーブパイプが起きる場合があります。
そこでマグプルDVDで覚えたテクニックが役立ちます!1tap・3rack!
初速は室温19℃で約57m/sです。



youtubeは英語ver.で使わないほうがいいですね(^д^;)  


Posted by 少佐  at 19:00Comments(0)ガン

2010年01月13日

【動画】M1911-A1デュアルマキシ【弾の出るモデルガン】

どもども、会社の後輩に腕相撲で負けている伍長です。
負けたあとはネチネチと仕事の揚げ足を取って嫌がらせをしておきます(笑


M1911-A1・6mmBBブローバック・デュアルマキシ(長い・・・)を購入しました。
写真と動画でレポートしようと思います。


以下はマルシン公式HPより転載
「M1911-A1 DUAL MAXI」はさらにココが進化!
●待望のシングルスタック1911!
●前作CZ75と同じ特別チューンにより、シングルスタックの小型マガジンとは思えない程のブローバックスピードとカートリッジの飛びを両立しました。
●装弾数を実銃の設定と同じ8発とし、排莢式ブローバックアクションを存分にお楽しみ頂けます。
●トリガーとハンマーはシルバー色となり、要所を引き締めるアクセントとなっています。
●初回限定でスムースタイプ木製グリップが付属!(プラ製グリップも付属します。)

CZの快調さは某板でも話題になっていたので、思い切って注文しました。
限定の木製グリップもいいですが、タクティカル風味にするためプラ製チェッカーグリップを装着。



エジェクションポート

エジェクションポートから覗くカートリッジが素敵です。
普通のGBBでは味わえない迫力です。



カートリッジ

6mmBB弾を収めるシルバーメッキのアルミ製カートリッジ。
軽量なため元気よく飛んでいきます。



マガジン

メインバルブは横方向ではなく、縦に叩くようになっています。
シングルスタックのためガス充填容量は少なく、気化スペースをうまく設けないといけません。
でも、最大の特徴は”8発のカートリッジ”を装填できることですね。



スライドストップ加工

購入直後はスライドストップが掛かりませんでした。
対策としてスライドストップのノッチをヤスリで削りました。
加工後はマガジンの冷えさえなければ、確実に作動します。



マガジンフォロアー加工

手前側のマガジンフォロアーですが、フォロアー部分の突き出し量が多かったです。
マガジン内での摩擦が大きいため、カートリッジの送り出しが円滑に行えません。
対策として、ヤスリで削りました。
分解は容易なため、時間も掛かりません。



フル装備で撮影

BB弾の軌道より、横に飛んでいく薬莢(カートリッジ)を目で追ってしまいます。
このモデルは部屋で撃って遊ぶものだと思いますので、ゲームでの使用は想定していません。



↓動画です。
ガスの気化スペースを考えながらガスを充填したせいで、ガス切れ寸前のカットが多いです(汗
たまにトリガーの反応が鈍い時があります。グリップセーフティーが干渉しているかもしれません。
カートリッジ式のためダブルフィードやストーブパイプが起きる場合があります。
そこでマグプルDVDで覚えたテクニックが役立ちます!1tap・3rack!
初速は室温19℃で約57m/sです。



100発ほど撃ちましたが、マガジンの温度管理をしっかり行えば快調に作動します。
こまめにシリコンスプレーを吹いておくのも快調作動のコツですね。
これほど撃ってて面白いガスブローバックガンは初めてです。

ゲームがオフシーズンに入ったため、デュアルマキシ1911は最高の遊び道具ですね。


ではでは~

  


Posted by 少佐  at 10:00Comments(4)ガン

2009年12月23日

G17カスタム その2

どもども、1月にでるという電動PPsh41が気になってしょうがない少佐です。

今日は前記事からの続きで、マルイのグロック17カスタムの紹介です。



マルイのG17カスタムの特徴の一つが、このグリップ底部につけられたマグウェルです。
ただし、フレーム本体との間に段差があり、何度かマガジンチェンジをしていたら、ぶつかってたらしく傷がついていました。そこで、少し削ってあげたら、よりスムーズにマグチェンができるようになりました。↓


マガジンもカスタムらしいマガジンバンパーがついています。
ゴムとかではないので、落としたらすぐ割れそうですが。


空撃ち用のフォロアストッパーが2つついてきていて、スライドストップレバーを下げておかなくても、空撃ちできます。
これは大変便利で、部屋においてる時は、いつもつけておいて遊んでます。暴発の心配もなくてよいw
他のマルイのガスブロマガジンにも使えるので、こんど注文しようと思ってます。


なにかと話題になったw サムレストは、ピン1本で留まってるだけなので、ピンポンチで簡単にはずせます。
ノーマルのグロックにも、つけることは難しくないでしょう。実銃ではトリガーハウジングピンがささってるところのようですね。


これよりあとは、ノーマルのグロック17と同じですので、マルイガスブロG17を所持してる人は見なくてもよいでしょうw

シリアルナンバープレート部分がマニュアルセフティ(たぶん使う人ないかも)

フィールドストリップピングはマガジンを外し、スライドを引いて内臓ハンマーをコックさせてから
スライドロックを押し下げ、スライドを前に抜き取ります。ほぼ実銃どおりです。
ホップ調整もこの状態でおかないます。



実銃グロックのトリガー・セーフティーも再現されています。このセーフティーをトリガーと一緒に引かないと、トリガーが引けないようになっています。


実銃は、グロック独特のストライカー方式による直線運動で、激発するようになっていますが、マルイの場合、内臓式ハンマーを使用しています。

また、ダブルアクションと違いハンマーダウン時には、トリガーが後方に下がっています。この状態でトリガーは引けません。



スライドを引きハンマーをコックすると、トリガーが前進し、引けるようになります。
実銃もこのようなトリガーの動きになってるようです。



グロックはハンマーが見えないので、トリガーの位置でコックされてるかどうかを確かめることになります。マニュアルセーフティーは使いにくいので、ゲーム時に携帯する際は、マガジンを入れたあとスライドを引かずに、使用する段階でスライドを引くようにすれば、より安全に携帯できるでしょう。GFB1のグロック使い!?伍長はいつもそうしてるようです。

おまけ、先日のゲームでSAS風できめてみた少佐。ニーパッドが割れてるのは仕様ですw














  


Posted by 少佐  at 22:49Comments(2)ガン